目と舌で涼を堪能できる
和菓子から新感覚!


2013年7月


進化するクール和菓子!

 


夏本番がやってきました!暑い時は、冷たくてさっぱりとした美味しい物が食べたくなりますよね。そんなときには是非、アイススィーツはいかがでしょう。
今年の阪急うめだ本店和菓子売場には、新しい食材を積極的に取り入れた菓匠の力作が揃います!


 




○定番の羊羹やジュレにも新しい風が!


「鶴屋吉信」
あっさりとしたのどごし、驚くほどのなめらかな食感は、とことん追求した逸品。

純生水羊羹 各315円 
※8月10日(土)まで



「高山堂」
山形県大久保種の白桃を果実感を残すため、ひとつずつミキサーにかけてピューレ状に。凍らせて半解凍でどうぞ。

【阪急限定】白桃ゼリー 301円



「仙太郎」
和製グレープフルーツ「河内晩柑」を丸ごとつかった寒天ゼリー。毎年心待ちにしている方も多い。凍らせてシャーベット状にしても美味。

河内熟子 945円 
※8月10日(土)まで


 




○老舗和菓子から、進化を感じる面々が!


「緑寿庵清水」
日本唯一の金平糖専門店が伝統の技を駆使した季節限定の新作。2年以上かけて完成。冷やすと風味が増してきます。

空中すいかの金平糖 1,837円
※7月31日(水)まで



「たねや」
食感にこだわった寒天にトマトを丸ごと 使ったゼリーを合わせ、仕上げにオリーブオイルをかける、新感覚の和菓子です。

たねや寒天 トマト(2個入) 1,680円



「叶匠壽庵」
特製だんごの中には、しっとりとした舌ざわりのこしあんが。冷やしてもぷるぷるの食感は、黒蜜やきな粉をかけて。

冷やし団子(10個入) 840円


 




旬をとじこめた和風スィーツが登場!


「旬果瞬菓 共楽堂」
旬の果物を求肥でまるごと包んだ和風スィーツ。今月は季節限定のマスカットが登場します。岡山の契約農家がこのお菓子のためだけに栽培する“マスカット・オブ・アレキサンドリア”を使用。フレッシュな果汁があふれ、マスカットのほどよい酸味と求肥の甘みが相まって、爽やかさを感じることのできる逸品です。

ひとつぶのマスカット(8個入)
2,100円


 




<場所>
阪急うめだ本店 地下1階 和菓子売場
<期間>
7月1日(月)~8月31日(土)



羊羹やジュレといったおなじみのものから、老舗の期間限定商品やおだんご、ひと味変わったものまでさまざまな和菓子が出揃い、目にも舌にも楽しませてくれます。この夏は進化する和菓子に注目してみよう。



【JOGIN編集部】




暮らしの劇場物語
阪急うめだ本店 




JOGIN 阪急Foodの記事をもっと読む! 


JOGIN Food chの記事をもっと読む! 




対象の店舗へ

現在地から10Km以内の対象店舗リストへ