阪急デパ地下
NEWショップオープン


2013年4月


この春も目が離せない
阪急のデパ地下!!

 
昨年10月の二期棟先行オープン以降、大賑わいの阪急うめだ本店のデパ地下。中でも、約50ブランドが軒を連ねる“スイーツストリート”、行列必至の「バトンドール」、「ハッピーターンズ」や、次世代和菓子をコンセプトに、究極のパリパリ感を実現した「ふくや」のクリスピーモナカ、フルーツ大福の「一心堂」などの、ご褒美スイーツや手土産の宝庫、和・洋菓子売場に、新たに5ブランド、惣菜売場に1ブランドが登場します。

 




【 ぷちぽち 】
4月17日(水)~
地下1階:洋菓子売場

和三盆(1袋、80g)630円


京都北山のフランスパンを焼いたお菓子、京焼菓子ブランド。“ぷち”はフランス語のpetit・・・小さい・少しと、“ぽち”は「ぽち袋」のように少しと言う意味のフランス語と日本語を組み合わせてネーミングしました。和三盆・柚子・黒糖の3種類の定番の他に、季節限定品も登場予定。洋の焼菓子に和の素材を組み合わせた手土産にぴったりの商品です。




【 京栗菓匠「若菜屋」 】
4月17日(水)~
地下1階:和菓子売場

栗阿彌(りつあみ)(6個入り)
1,575円


京都市上京区に本店を構える老舗、京栗菓匠「若菜屋」が登場。栗・小豆・大豆など、自然な味わいを活かした新しい菓子作りに定評があり、選りすぐりの渋皮付きの栗をそのまま丹念に蜜漬けし、自然で素朴な味わいに仕上げた、栗阿彌が若菜屋の代表銘菓です。伝統を継承する職人の技が光る逸品です。




【 金平糖専門店「緑寿庵清水」 】
4月17日(水)~
地下1階:日本の銘菓撰売場

さくらんぼの金平糖1,890円
〔1日限定50〕


創業166年、日本唯一の金平糖専門店「緑寿庵清水」が初登場。金平糖にはレシピがなく、技術の習得に20年かかると言われている一子相伝の技を今なお、守り続けています。今回、オープン記念として果肉をつぶした自然な風味が人気の「季節限定さくらんぼの金平糖」が登場。手土産にぴったりの逸品です。※さくらんぼの金平糖は、4月23日(火)までの販売です。




そのほかのNEWショップ  】


和菓子売場:かりんとう饅頭「餡菓楼」、京菓子「京煎堂」
惣菜売場:中華惣菜「チャイナチューボー」


他にも、4月12日(金)~ワインのある暮らしをコンセプトに約1,000種類のワインと洋風デリが集まる地下2階ワールドフードマーケットに、ワインバーカウンターとイートインスペースが登場。ランチメニューや、夕方にはワインに合う惣菜、週末限定メニューが登場するなど、その場で出来立てのメニューが気軽にお楽しみいただけます。




阪急うめだ本店 地下1階
4月17日(水)
阪急デパ地下 NEWショップオープン


益々パワーアップ!!阪急うめだ本店のデパ地下NEWショップ。この春も目が離せないデパ地下を、ぜひ!!


【JOGIN編集部】




暮らしの劇場物語
阪急うめだ本店 




JOGIN 阪急Foodの記事をもっと読む! 


JOGIN Food chの記事をもっと読む! 




対象の店舗へ

現在地から10Km以内の対象店舗リストへ