清原果耶が卒業生代表で涙の答辞
秦 基博の書き下ろし『仰げば青空』


2019年3月


ソフトバンク株式会社

 


♬SoftBank music project
清原果耶が卒業生代表で涙の答辞
教師役の田中圭が生徒に熱い言葉を贈る卒業シーズンを彩る新定番ソング
秦 基博の書き下ろし楽曲『仰げば青空』
SNSに思い出の写真を投稿して『仰げば青空』のカラオケ映像に出演しよう!
JOYSOUNDコラボ「#さよならは言わない」キャンペーン開始
新テレビCM 「卒業」篇・「恩師」篇 2019年3月8日(金)全国放映開始




新テレビCM「卒業」篇(60秒)


ソフトバンク株式会社は、現代を生きる人々の生活に欠かせない「音楽」を主役に展開する「♬SoftBank music project」の第5弾として、イメージキャラクターの清原果耶さん、田中圭さんが出演する新テレビCM「卒業」篇(30秒・60秒)と「恩師」篇(30秒)を、2019年3月8日(金)に全国で放映を開始します。テーマソングには、シンガーソングライターの秦 基博さんが「卒業」をテーマに書き下ろしたオリジナル楽曲『仰げば青空』を採用しました。
さらに、通信カラオケのJOYSOUND を展開する株式会社エクシング(本社:名古屋市)とコラボレーションし、「Twitter」や「Instagram」に投稿された学生生活の思い出の写真で、『仰げば青空』の限定カラオケ映像を制作する「#さよならは言わない」キャンペーンを実施します。


「♬SoftBank music project」について
ソフトバンクは、現代を生きる人々の生活に欠かせない「音楽」を主役とした「♬SoftBank music project」を立ち上げました。2019 年元日に発表した、いきものがかりとのコラボレーションを皮切りに、人気ロックバンドのクリープハイプや足立佳奈さん、石川さゆりさんとのオリジナル楽曲を発表。「音楽とスマホで、僕らはもっと自由になれる。」というメッセージの下、年間を通して季節やテーマに合わせて、さまざまなアーティストとコラボレーションし、オリジナル楽曲を展開する予定です。また、音楽を象徴するロゴとして、ソフトバンクのロゴである2本のラインの下に2つの丸を書き足し、音符のように見立てたロゴマークを採用しています。これからの展開にご期待ください。


新テレビCM 「卒業」篇について
「♬SoftBank music project」の第5弾として、卒業シーズンに放映する新テレビCM『卒業』篇では、シンガーソングライターの秦 基博さんとコラボレーションし、新テレビCMのために書き下ろしたオリジナル楽曲『仰げば青空』をテーマソングに採用しました。
新テレビCMには、高校の生徒役として清原果耶さん、教師役として田中圭さんが登場。今回のテレビCMでは、卒業式に臨む清原さんと田中さんの1日が、生徒役同士で撮り合うスマホなどのカメラで撮影した映像とともに、学生生活の思い出を振り返りながら、その楽しい思い出シーンを切り取るドキュメントタッチで描かれます。
共に青春時代を過ごしたクラスメイトに別れを告げる学生たちが、これからの人生を前向きに歩んでいってほしいという思いを込めた旅立ちの歌詞を、繊細かつ透明感のある歌声でつづる秦 基博さん。“鋼と硝子でできた声”と称される独特のハイトーンボイスが、かけがえのない青春の1ページを切り取った新テレビCMの世界観を、より一層引き立てます。


新テレビCM 「卒業」篇(30秒)・「恩師」篇(30秒)の内容と見どころ
とある高校の卒業式当日。「ずっとこんな日が続くと思っていたのに…」という卒業生代表の清原果耶さんによる感動的な答辞に、生徒たちも涙を流しています。そして、式を終えて迎えた最後のホームルーム。担任の田中圭先生が教え子たちに「人生に迷うことがあったらいつでも先生のところに戻ってきてください」と、涙ながらにはなむけの言葉を送ると、自分のスマホを教室のテレビにつないだ清原さん。画面に放課後のカラオケや夏の海、修学旅行、田中先生への誕生日サプライズ、文化祭で踊ったダンスなど、楽しかった高校生活の印象的な場面が次々と映し出されます。それを見てさらに感極まった生徒たちは、号泣しながら周りのクラスメイトと抱き合い、別れを惜しみます。
校舎前の桜の木の下で、卒業の集合写真を撮る田中先生と清原さんたち。それぞれが明るい未来を思い描きながら、前向きな笑顔を浮かべていると、どさくさに紛れて、なぜかおなじみのあの人(?)が現れて…。


【共同通信PRワイヤー】




 JOGIN NEWSの記事をもっと読む!