「女の横顔」には、お手入れや美意識の差が表れる?


2018年10月


株式会社カネボウ化粧品

 


30代のモデル女性100名と一般女性100名に聞く美意識調査
「女の横顔」には、お手入れや美意識の差が表れる?
モデルの約8割が普段から「横顔」を意識。一般女性は約半数以下にとどまる。
人気ヘアメイクアップアーティストPaku☆chanさんも証言!
横顔を意識して正面顔も美しく




カネボウ化粧品のスキンケアブランド「DEW(デュウ)」では、30代のプロのモデル女性100人と、30代の働く女性100人を対象に、美容に対する意識や普段のお手入れに関する調査を行いました。主な調査結果は以下の通りです。

<調査結果サマリー>
全方位チェックするモデルと、「正面顔」を一番気にする一般女性
◆モデルは普段から「どの方向から見られても大丈夫なようにいつも意識」(61.0%)していると回答。
一方、働く一般女性は12.0%と低く、モデルと49ポイントも意識ギャップあり。
◆「自分の横顔に自信がある」 と答えたモデルは34.0%。一般女性はわずか6.0%と28ポイントの差が。
◆「普段から横顔を意識したケアをしている」 モデルは約8割!(78.0%)。一般女性は半数以下(42.0%)。
実は他人から厳しくチェックされている女性の「横顔」
◆自分の横顔は意識していなくても、他人の横顔はチェック!?モデルの9割以上(92.0%)、一般女性でも約8割(78.0%)が他人の横顔をチェック。
◆他人の横顔をチェックする場所は「電車やエレベーターで隣に並んだとき」「カウンターで並んで座ったとき」「化粧室」。お手入れ具合もその人らしさも、「横顔」に表れる!?
◆「他人の横顔を見て二重あごに気づく」(一般女性70.0%)、「他人の横顔を見て顔のシルエットが気になる」(モデル80.0%)、「SNSで自分の横顔を見てギョッ!としたことがある」(モデル69.0%、一般女性66.0%)など、他人や自分の横顔にがく然とした経験が、モデル・一般女性ともに多数あり。
◆女の横顔は、隠しきれない今の自分が表れる?! 「お手入れの差は横顔に出る」モデル66.0%、一般女性47.0%。「その人らしさは横顔に出る」モデル63.0%&一般女性43.0%。

調査概要 
●調査時期:2018年8月31日(金)~9月4日(火) 
●調査方法:インターネット調査 
●調査対象:30代のプロのモデルの女性100人、30代の働く女性100人

人気ヘアメイクアップアーティストpaku☆chanさんに聞く、
「横顔」意識で差がつくビューティー


30代のプロモデルと一般女性に見る美意識ギャップ
他人の目を意識して全方位チェックするプロモデル、自分が納得するスキンケアで十分な一般女性
モデルを職業とする30代女性100人と、同じく30代の働く一般女性100人を対象に、美容意識や普段のお手入れについて聞きました。まず、美容に関する意識を聞くと、モデルは「どの方向から見られても大丈夫なようにいつも意識している」(61.0%)、「自分が他人からどう見られているかを意識するようにしている」(41.0%)、「自分の姿を写真や鏡で客観的に見るようにしている」(40.0%)が上位となり、常に見られることを意識しています。一方、働く一般女性は、「自分が他人からどう見られているかを意識するようにしている」(29.0%)よりも、「メイクよりスキンケアを重視している」(36.0%)が多く、他人の目をあまり意識せず、自分のお手入れに意識が向いていることがわかります。モデルの「どの方向から見られても大丈夫」という全方位意識は一般女性では12.0%と低く、49ポイントもの差あります。また、「自分の横顔に自信がある」と答えたのは、モデル34.0%、一般女性6.0%と28ポイントもの差がありました。

「正面からの顔」は一般女性のチェック度が高いものの、全方位チェックはモデルに軍配
次に、外出前に鏡でチェックしているところを聞くと、どちらも「正面からの顔」が最も高く、モデル(69.0%)より一般女性(84.0%)の方がチェック度は高くなっています。しかし、正面の顔以外はモデルの方が高く、「横顔」「後ろ姿」のチェック度は20ポイントもの差がついており、モデルは全方位チェックしていることがうかがえます。


【共同通信PRワイヤー】




 JOGIN NEWSの記事をもっと読む!