潜伏キリシタン関連遺産の
世界遺産決定!
福山雅治さんがコメント


2018年7月


長崎県

 


「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録が正式決定!
~「久賀島(ひさかじま)の集落」を訪問した福山雅治さんがコメント~




6月30日に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に正式登録されました。バーレーンで6月24日から開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)による第42回ユネスコ世界遺産委員会が決定し、日本で18件目の文化遺産になります。この決定に対し、福山雅治さんから以下のメッセージが寄せられました。

6月30日に「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」が世界遺産に正式登録されました。バーレーンで6月24日から開催中の国連教育科学文化機関(ユネスコ)による第42回ユネスコ世界遺産委員会が決定し、日本で18件目の文化遺産になります。
6月30日午後から、関係地域12カ所でパブリックビューイングを開催。県内関係者や一般市民合わせて2,000人以上が参加し、現地の委員会の様子が映し出され、決定を見守りました。世界遺産の正式登録が決定した瞬間、参加者から歓声が沸き起こりました。
この決定に対し、福山雅治さんから以下のメッセージが寄せられました。福山さんは今年2月6日に「長崎県ブルーアイランズプロジェクト」のナビゲーターに就任。その後、クリエーティブプロデューサーとしてプロジェクト全般に関わり、「もっと島のことを知りたい」という思いから5月上旬に長崎県の島を訪問し、構成資産の一つである五島列島の「久賀島の集落」も訪れ、歴史に詳しい島の方々から直接話を聞かれました。

【福山雅治さんのコメント】
このたびは、「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の世界遺産登録おめでとうございます。長崎の様々な歴史を知ることでこれからの人類の平和にも繋がっていく。今回の世界遺産登録は、そのきっかけを与えてくれることになるのではないでしょうか。
なお、長崎県は、今回の「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の登録決定に合わせて、関連イベントの開催や関係地域にある情報発信拠点施設の展示物更新を行います。

<関連イベント>
●長崎県庁1階「情報発信ゾーン」/長崎県長崎市尾上町3-1
【期間】7月1日(日)~
【内容】「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」に関するバナー装飾やパネル展示

●長崎県アンテナショップ「日本橋 長崎館」イベントスペース 
/東京都中央区日本橋2-1-3 アーバンネット日本橋二丁目ビル1階)
TEL:03-6262-5352(ショップ)、 03-3241-1777(観光案内)
【期間】6月30日(土)~7月31日(火)※他のイベントが開催されない日のみ。
【内容】
(1)世界遺産商品販売
教会群ポストカード、教会群ネクタイ(長崎まちづくり屋)、登録記念手ぬぐい、大浦天主堂プラモデル、本、アサヒスーパードライ記念缶、長崎館通常販売商品(大浦天主堂ポップアップカード、菓子類等)
(2)写真展
写真家・池田勉氏の写真パネル展示
(3)その他
チェキ写真会、試食販売など

★7月7日(土)「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」を旅するセミナーを開催
(1)「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産を旅するセミナー」
    (11時、13時の2回、各回20名席程度)
    解説DVD上映、世界遺産登録地周辺の観光情報の紹介、JTB旅行商品案内
(2)長崎県観光ブロガー「ともっち」トークショー(12時、14時の2回、各回20名席程度)
    世界遺産登録地周辺の「ともっち」おすすめ情報、この夏おすすめの長崎情報の紹介
(3)「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」最新版パンフレットと
        長崎銘菓「湯せんぺい」を1000名様に日本橋長崎館前で配布

<長崎県内の情報発信拠点施設一覧>
①原城跡
・「南島原市有馬キリシタン遺産記念館」/南島原市南有馬町乙1395、tel:0957-85-3217
②平戸の聖地と集落(春日集落と安満岳)
③平戸の聖地と集落(中江ノ島)
・「春日集落案内所」/平戸市春日町166-1、tel:0950-22-7020
・『平戸市生月町博物館「島の館」』/平戸市生月町南免4289-1 tel:0950-53-3000
④天草の﨑津集落
・「﨑津資料館みなと屋」/天草市河浦町﨑津463、tel:0969-75-9911
⑤外海の出津集落
⑥外海の大野集落
・「長崎市外海歴史民俗資料館」/長崎市西出津町2800、tel:0959-25-1188
⑦黒島の集落
・「黒島ウェルカムハウス」/佐世保市黒島町8-4、tel:0956-56-2311
⑧野崎島の集落跡
・「野崎島ビジターセンター」/北松浦郡小値賀町野崎郷192、tel:0959-56-2244
⑨頭ヶ島の集落
・「頭ヶ島の集落インフォメーションセンター」/南松浦郡新上五島町友住郷744、tel:0959-42-8118
⑩久賀島の集落
・「久賀島観光交流拠点センター」/五島市久賀町103~104、tel:0959-77-2115
⑪奈留島の江上集落(江上天主堂とその周辺)
・「五島観光歴史資料館」/五島市池田町1-4、tel:0959-74-2300
⑫大浦天主堂
・「大浦天主堂 キリシタン博物館」/長崎市南山手町5-3(大浦天主堂の敷地内)、tel:095-823-2628
⑬構成資産全体
・「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産インフォメーションセンター」
 /長崎市出島町1-1、tel:095-823-7650

<ご参考>
「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」とは:
17世紀から19世紀の2世紀以上にわたる禁教政策の下で、密かにキリスト教を伝えた人々の歴史を物語る他に例を見ない証拠。潜伏キリシタンがどのようにして既存の社会・宗教と関わりながら信仰を継続したのか、そして近代に入り禁教が解かれた後、彼らの宗教的伝統がどのように変容し、終焉を迎えたのかを示しています。長崎と天草地方に所在する12の資産から成ります。
※来訪時の注意点
構成資産内にある教会堂見学には事前のご連絡が必要です(大浦天主堂除く)。
教会堂によって連絡先が異なります。
※構成資産などを訪れるツアー「キリシタン紀行」について

「長崎めぐり旅」ホームページから、現地発着ツアーを申し込みできます。タクシーや船で移動しながら、4~8時間かけて構成資産を巡り、ガイドから歴史の説明等を聞きながら、構成資産の価値を理解するツアーは全6コース。交通、専門的な知識を持つガイド、食事代など込みで大人1人当たり15,000~17,000円。


 


【共同通信PRワイヤー】




 JOGIN NEWSの記事をもっと読む!