玉城ティナWEBムービー!
オーストラリア留学


2018年5月


シェアリングテクノロジー株式会社

 


株式会社リアブロード(シェアリングテクノロジー100%)が運営する海外留学サービスサイト「スマ留」のイメージキャラクターとして「玉城ティナ」さんを起用!




■玉城ティナさん、海外留学に初挑戦!
スマ留のキャッチフレーズである「留学をあきらめてたら、出会えなかったワタシ。」を表現したブランドムービーです。留学のワクワク感を彷彿させ、海外留学を決意する後押しになることをテーマとして、制作しました。

■留学体験編
完成した今回のムービーは、玉城さんが英語を話す映画越しの女性に憧れ、短期留学を決意。オーストラリア留学初日から留学最終日までをドキュメンタリー風に映したストーリーです。~撮影の裏話もチェック!




■「スマ留」紹介編
玉城先生が「スマ留」を分かりやすくご紹介! 
「スマ留」の留学のシステムがスマートな理由を、先生に扮した玉城さんが、講座風に紹介しています。

海外留学サービス「スマ留」は、語学学校の空き場所や空き時間を利用することで、大手の半額近くで海外留学を提供する、シェアリングエコノミーを活用した海外留学サービスサイトです。

■「玉城ティナ」さんについて(Tina Tamashiro) 
1997年10月8 日沖縄県生まれ。
講談社主催の「ミスiD2013」で初代グランプリに輝き、14 歳で講談社「ViVi」の最年少専属モデルとなる。2014 年に女優としてもデビュー。
2015年、SABU 監督「天の茶助」で主演の茶助(松山ケンイチ氏)の妹・茶子役でスクリーンデビュー。
2017年、映画「PとJK」(廣木隆一監督)他、「サクラダリセット 前篇・後篇」(深川栄洋監督)、「暗黒女子」(耶雲哉治監督)に出演。10月には二十歳の記念・読む写真集『渇望』が発売、ニッポン放送で初のパーソナリティ番組「玉城ティナとある世界」がスタート。
2018年は3月24日公開の「女々演」(髙野舞監督)をはじめ、6月23日公開・初主演映画「私に XX しなさい」(山本透監督)、6月15日公開「ドルメンX」(藤森真実監督)、11月公開「ういらぶ。」(佐藤祐市監督)に出演予定。
若年層女性ファッション誌の専属モデルであり、10代~20代女性への認知度が高く、ブログ等のSNSの影響力も大きいと判断し、今後の業績拡大とブランド力の強化を目的とし、今回の起用に至りました。


・twitterフォロワー数106万人超
・Instagramフォロワー数91万人超(2018年3月25日現在)
・オフィシャルウェブサイト: http://tina-official.com/


 


【共同通信PRワイヤー】




 JOGIN NEWSの記事をもっと読む!