FM FUJl【PLEASE JOGIN】
第237回放送
ダイジェストVOICE


2017年11月18日(土)


オンエア終了しました。
ダイジェストVOICEを公開です!

今週のアシスタントは
キャンパスクイーン
高尾美有ちゃん


本日もFM FUJI【PLEASE JOGIN】お聴きいただきありがとうございました。


では今回も、これぞ番組とJOGINのコラボならではの企画!

【PLEASE JOGIN】
第237回放送(2017/11/18)のオイシイところをお聴かせしてしまいましょう!

今週は〈キャンパスクイーン 放送部〉からアシスタントとして
高尾美有ちゃんが登場。


まずPart.1として
小島がWEBで話題のニュースを裏読み!
小島裕樹の《今コレをラジオで話す理由》

ネタは
《家族の原風景に涙して、小島が考えたこととは?》でした。

詳しくはダイジェストでお聴きください!

ダイジェストは以下画像をクリック
↓↓↓


 


そしてPart.2
北原徹の〈行き当たり ばっかり〉

今日のネタは
〈取っとくファッション〉

スニーカープレゼントの応募方法もお話しています。
詳しくはダイジェストでお聴きください!

ダイジェストは以下画像をクリック
↓↓↓




そしてPart.3
キャンパスクイーンのプロモーションタイム
〈CQ's SHOWROOM〉

今日のCQ高尾美有ちゃんのネタは
〈卒業旅行〉

詳しくはダイジェストでお聴きください!

ダイジェストは以下画像をクリック
↓↓↓





そしてPart.4は
本日の番組を総括する
〈プシュ!っと編集後記〉

詳しくはダイジェストでお聴きください!

ダイジェストは以下画像をクリック
↓↓↓




来週もお楽しみに!!
PLEASE JOGINは
毎週土曜日 15:00~15:53
TOKYO 78.6MHz    KOFU 83.0MHz


FM FUJI  番組H.Pはこちら


以下はオンエアと同時公開された記事編です!

↓ ↓ ↓





本日もスタートした
FM FUJI 「PLEASE JOGIN!」。
この番組は、スマホ・メディアの「JOGIN」をスワイプしながら…そして、ファッション誌「PLEASE」のページをめくりながら…様々な情報を、耳で楽しんでいただくプログラム。
デジタルとアナログの両面から、アナタの“欲しい!”をアテンドしていきます。

そして、この番組は世界初のサウンドコード対応番組
サウンドコードとは、音のQRコードともいうべき最新のIT技術。
番組音声に挿入されたサウンドコードをリスナーがダウンロードしたアプリ
〈JOGIN EX〉で受信すると、番組でお話ししている情報がリスナーのスマートフォン上で、まるでQRコードをかざした後かのようにページ遷移します。

番組ではこのサウンドコードの事を
jogincodeと呼称し、今週から番組の中で情報を発信していきますので、皆さんも〈JOGIN EX〉アプリをダウンロードしてラジオの新しい楽しみ方、そして世界初のラジオのイノベーションを体感してくださいね!


jogincodeについての詳細、
アプリ〈JOGIN EX〉のダウンロードは

こちらから


FM FUJI 《PLEASE JOGIN》
この番組のメインパーソナリティはJOGIN編集長の小島裕樹とPLEASE編集長の北原徹。

JOGIN編集長 小島裕樹


PLEASE編集長 北原徹

そして大学ミスコンのメンバーで活動する〈キャンパスクイーン 放送部〉から、
本日の
アシスタントは高尾美有ちゃんでお送りします。

キャンパスクイーン放送部
帝京大学ミスコン2014
準グランプリ
高尾美有 ちゃん

オープニングトークではリニューアルしたPLEASE JOGINとはどんな番組なのか?を美有ちゃんがご紹介。

番組のコーナーは4つ
・小島裕樹が、《今コレをラジオで話す理由》
・北原徹の《行き当たり ばっかり》
・キャンパスクイーンの《CQ's SHOWROOM》
・プシュっと編集後記
でお送りします。

1曲ご紹介の後は、
最近ネットで話題のニュースから小島裕樹が裏読み解説する
小島裕樹が、《今コレをラジオで話す理由》をお送りします。



まだまだ番組は続きます!


FM FUJI  番組H.Pはこちら 


【JOGIN 編集部】





曲あけでJOGIN編集長・小島裕樹が、ネットで話題のニュースを裏読みする
小島裕樹が、今コレをラジオで話す理由 のコーナーです。

今回は《家族の原風景に涙して、小島が考えたこととは?》と題して

小島があるアーティストのMV動画にフォーカスします。



小島:「僕が長年好きなアーティスト、それは川村結花さん。ソングライターとしても数多い名曲を残している彼女。
作品で言えば、夜空ノムコウをはじめ、鈴木雅之、松たか子、FUNKY MONKEY BABYS、ナオト・インティライミ、矢野顕子、
松下奈緒、back number…などのアーティストに楽曲を提供していたりする。そんな川村結花さんのニューアルバムのリード曲【カワムラ鉄工所】。もう聞いた方、いらっしゃるかもしれないんですが、そのMVに思わず涙してしまったんです。」



美有:「小島さんが涙するなんて、どんなMVなんですか?」



北原:「なんか牧歌的な話だね(笑)」



小島:「家族の原風景を感じるとホロっとする事ってあるでしょ?特に美有ちゃん岡山だからそんなシーンいっぱいあるんじゃない?
この【カワムラ鉄工所】のMVでなぜ、涙したのか!?って事なんだけど、このMVは川村さんのご実家であるカワムラ鉄工所のことを歌っているんだけど、まさにそれは僕がが少年時代を過ごしたおじいちゃん、おばあちゃんが経営していた襖屋の工場そのものなんだよ。


北原:「そういえば僕もan anの編集時代に川村さんに取材したことあります」

小島:「アットホームな家族の原風景を川村さん自身のイラストと歌詞のテキストだけで表現したMVなんだけど、でも今回の本質はこの曲やMVが良いよってことではないんです。」

美有:「ん?どういうことですか?」

小島:「この曲は今後の邦楽アーティストの曲の作り方を変えるかも?ってことなんだよね。今までの長い歴史の中で発売されてる音楽はほとんどアーティストの『俺の想いを聞いてくれ!』って制作されて1万人、10万人、100万人に届けてきた。でも、世の中ソーシャル時代になって、いろんな人が個人の想いを届けられる時代になった今、このカワムラ鉄工所の曲に出てくるような個人的なプライベートの世界観を曲にした方が共感されやすい時代になってるんじゃないか?って思うんだよね。音楽を伝える原点、一番大切なものって何だっけ?って考えさせられたんです。」

北原:「そうか...もう一度、岡林信康の時代がくるって事かな?」


小島:「僕とキタちゃんにはその感覚伝わるけど...(笑)」

美有:「すいません、私には何のことかさっぱり(笑)誰ですか?って感じです。」

北原:「そりゃそうだね。」


小島:「こういう楽曲が爆発的ヒットに繋がるかは別として、今後SNS上で評価されて名曲って呼ばれる曲ってこういう曲になって行くと思うんだよね」

等、3人の会話が盛り上がるスタジオです。


話題のWEBニュースの裏読み!
小島裕樹の《今コレをラジオで話す理由》いかがでしたか?



1曲ご紹介の後は、
PLEASE編集長 北原徹のコーナー〈行き当たり ばっかり〉です!

お楽しみに!!


FM FUJI  番組H.Pはこちら 


【JOGIN 編集部】




【PLEASE JOGIN】第237回放送中です。

ここからのコーナーは北原徹のトピック〈行き当たり ばっかり〉です!

北原:「今日は「取っとくファッション」について語ってみたいと思います。」



美有:「取っとくファッションって可愛いですね!」

北原:「僕、一度買ったものをなかなか捨てないんですけど、今日のコートは20年前のコムデギャルソンなんです。買った時はもちろん着るんだけど、だんだん着なくなって、10年後くらいからまた気になりだす。でもまだ違うなぁなんて思ったりして、あ、でも今年だよな!と思って今回スターティングオーバーしたわけです。」

美有:「でも全然違和感ないですよね!カッコいいです」

北原:「80年代のコムデギャルソンやヨージ・ヤマモトとか、ピークっていうかオーバーサイズを意識していて、またそれが80年代を象徴するものだったんだけどね。そんな中ここ数年、オーバーサイズが嫌じゃないな...って思ってきて、今着なきゃダメだって思ったわけですよ。」


美有:「それを今引っ張り出せるっていうのがスゴイです!」



小島:「キタちゃんの家は今までのものがアーカイブされていて、まぁ自宅が古着屋状態だから(笑)」


北原:「美有ちゃんもお父さんのブルゾンとか、お母さんのファッションとかタンスを見直してみることってしたことない?」

美有:「ありますあります。この前も岡山の実家でお母さんの昔の服から宝探ししてきました!」

小島:「娘が将来自分の服着てくれるんだったら取っておこうかな...」


北原:「そう。コジコジも今日のノースファイスのパーカーとか取っておいたら良いのよ。何十年か経って娘さんが『ノースってカッコいい!』って言って着てくれるかもしれないよ!



今回は、北原さんが〈取っとくファッション〉に〈行き当たり ばっかり〉してくれました。
ありがとうございました!


そして何と、今回も番組からスニーカーのプレゼントしちゃいます!!

田中ユニバーサルさんからの提供で、80年代に軍支給品だったジャーマントレーナーというスニーカーを1名様にプレゼント。


応募方法などプレゼントの詳細はこの後オンエア終了直後に公開されるダイジェストVOICEにて

北原の生の声で聴いてみてくださいね!

今後も北原〈行き当たり ばっかり〉をお楽しみに!!


FM FUJI  番組H.Pはこちら 


 


【JOGIN 編集部】




【Please JOGIN】第237回放送中です。

ここからのコーナーは〈CQ's SHOWROOM〉です!

毎回ランダムに番組アシスタントとして登場する〈キャンパスクイーン放送部〉のメンバーのプロモーションコーナー。
本日
〈キャンパスクイーン放送部〉からのアシスタント、高尾美有ちゃん のネタは...
〈卒業旅行〉



美有:「私、高尾美有は大学4年生何です。この時期、卒業シーズン直前なんで、卒業旅行どこに行こう?ってみんな悩むわけですよ。そこで大学生に人気の卒業旅行に行く場所ランキングベスト3を発表すると、3位はイタリア、2位はグアム、そして1位はハワイなんです。

小島:「割と定番なんだね」

美有
:「グアムはインスタ映えする壁があるっていうことで人気なんです

北原:「インスタ映えなの?それだったら教えてあげる!メキシコにルイス・バラガンっていう建築家が作った壁があるよ。それこそインスタ映えするよ」


美有:「ありがとうございます!将来行って見たいリストに入れときます。あと大学4年といえば就活じゃないですか?私はもう芸能1本で行こうと決めたので就活はしていないですが、実はゼミがキャリゼミって言って就活ゼミなんです。そこで今は私たち4年生が3年生の面接官になって企業面接の練習するってことをやっているんです。



北原:「実際に面接官やって見てどうよ?」




美有
:「面白いですよね!いざ面接官やって見ると、多数を見ると全然一人一人が入ってこないんですよ。言ってる内容ってそんなに変わらないじゃないですか?でもこれって私の今後にすごく役立つと思っていて、オーデションの際とか..」

小島:「僕も遥か昔、オーデションたくさん受けたけど、受かる時って自分に光が来てる!ってわかるよね。」

北原:「それすごくよくわかる。その場を自分のものに出来るかどうかって事なんだよね。」


小島:「美有ちゃんもこれからオーデション受ける際は、今、自分に光が来てる来てる!って思いながらやると良いよ!」

美有:「ある人に言われたすごく好きな言葉があって、『どのポジションにいても自分がセンターだと思いなさい』って!まさにそういう事ですよね。」


詳細はこの後オンエア終了直後に公開されるダイジェストVOICEにて

美有ちゃんの生の声で聴いてみてくださいね!

今後も〈キャンパスクイーン放送部〉のメンバーのプロモーションコーナー〈CQ's SHOWROOM〉をお楽しみに!!

番組はまだまだ続きます!

最後のコーナー
《プシュッと編集後記》はこの後オンエア終了直後に公開されるダイジェストVOICEにて是非お楽しみくださいね!


FM FUJI  番組H.Pはこちら 


 


【JOGIN 編集部】




 


FM FUJI × PLEASE JOGINの記事を
もっと読む!
 

JOGIN Entame chの記事をもっと読む! 


 


 


171028