【ラジ女子】企画第3弾が
キャンパスクイーンとコラボ!
Vol.2


2017年3月


ラジオディレクター
山岸清佳


radiko.jpを愛用する【ラジ女子】
その第3弾は、大学ミスコンのメンバーで活動する《キャンパスクイーン》とコラボです。

具体的にはキャンパスクイーンの中で、ラジオのアシスタントやWEB TV等で積極的にメディア出演している、〈放送部〉メンバーが、レポーターとして登場。実際にラジオに関わるお仕事をされている女性や、ラジオコンテンツが好きでたまらない!という学生、OL、ママさん等を《ラジ女子》としてご紹介します。




【ラジ女子】× キャンパスクイーン 放送部
コラボ企画の今回は、キャンパスクイーン 放送部 美有(みゆ)さんのインタビューによる、Vol.2として、ラジオディレクター 山岸清佳さんが登場!




名前:山岸清佳(やまぎし さやか)
出身地:埼玉県


ラジオに初めて親しんだのは小学校3年生の頃、休日の午前、ニッポン放送でやっていたチェッカーズの高杢さんがやっていた番組ですね。最新ヒット曲を紹介していた番組で、父の運転する車の中で聴いていたのでその車内の映像と一緒によく覚えていますね。
当時はそのラジオをお仕事にするとは夢にも思っていませんでしたが、この世界に入ってから地元埼玉のNACK5でもお仕事させていただいてました。
現在は山下達郎さんのサンデー・ソングブック(TOKYO FM)という番組でディレクターをさせていただいています。
長寿番組なのでラジオ番組のサザエさん的なイメージで思われている方も多く、この番組が終わった途端、「あ〜週末が終わってしまう!」と感じるリスナーの方も多いみたいです(笑)  


そしてインタビューをするのは、キャンパスクイーン 放送部 の美有(みゆ)さん




名前:美有
出身地:岡山県


帝京大学 2014 準グランプリをいただいて
キャンパスクイーンで活動をしています。
岡山出身なので、よく両親の車でRSK山陽放送を聴いてました。


東京に来てからは地元の放送が聴けないって寂しいなって思ってきたんですけど、radikoプレミアムに入れば山陽放送を聴けるよって教えてもらったんで、「えっ!やった〜!」って喜びました。
今、私達キャンパスクイーンで放送部ってカテゴリーがあって、そのメンバーでアシスタントとして出演している〈What's JOGIN〉FM FUJI 毎週土曜15:00〜も全国から聴いてもらえちゃうんですもんね!早速、地元の両親や友達にも、radikoプレミアムを教えました。




そして、清佳さんへのインタビューがスタート!

美有:ラジオってトークと音楽が基本ありますよね。前から思っていたんですが、構成上、そのふたつのバランスってどう考えて番組づくりされているんですか?


清佳:私は個人的に音楽が好きなので、その音楽をどう生かすか…そのためのトークって事で考えますね。例えばこのトークの《ここ!》でイントロ入って、トークと曲の歌入りがどう絡めばカッコよくリスナーに届くか?って感じとか…その辺りは拘ってやっていますね。正解はないから難しいんですけどね(笑)


和やかに話す清佳さんと美有ちゃん

美有:やはりリスナーのリクエストに合わせてトーク内容も考えたりするんですか?

清佳:私はラジオって1対1のメディアだと思っているので、そこは当然リクエストをくれたリスナーにどう寄り添って曲をかけるかはとても考えてますね。






美有:清佳さんが音楽を愛する気持ちがすごい伝わってくるんですが、パーソナリティ側になりたいとか考えた事は?

清佳:私はラジオに限った事ではないんですが、物事の裏側にすごい興味があったんですね。例えばコンビニに行っても、バックヤードってどうなってるんだろ?とか…あと表に出るのは当然恥ずかしいという気持ちがあるので、元来制作者向きなんですよね(笑)



美有:なるほど。性格的に制作にピッタリなんですね!それから個人的にどうしても聞きたい事があって、私もラジオのアシスタント(FM FUJI What’s JOGIN)させてもらっているんですけど、魅力ある演者(パーソナリティ)になるにはどうしたらいいですか?

清佳:もちろんパーソナリティの個性って非常に重要なんだけど、それを出しすぎないというか、バランスがとれるパーソナリティは素晴らしいと思います。さっきもお話しした通り《ラジオって1対1》、つまりパーソナリティとリスナーのメディアだと思っているので、リスナーからのメッセージをどういう風に伝えたら、メッセージをくれたリスナーの心に寄り添って届くだろうか…そういう意識というかスタンスで話せるパーソナリティに魅力を感じますね。



美有
:う〜〜ん深いですね。でも確かに自分がいいなぁって思って聴いてきた番組は自分に問いかけてもらってる気がしたかも…


清佳:上手く話せる《技術》も大切なんだけど、でも話せなくて失敗しちゃったと思っても、そのトークにどれだけ《心》が乗ってるかが私は重要だと思っているから、美有ちゃんも上手く話そうって事より、心を込めたトークを心がければいいんじゃないかと思いますよ(笑)パーソナリティ=人間性ってことだから!

美有:その人にしかだせない味って事ですかね…

清佳:そうそうそう!まさにそれですよ。

美有:最後にまだラジオの魅力に気づいていない今の若者に、どうしたらラジオの魅力が伝わると思いますか?

清佳:これはラジオ業界全体の課題だと思うんですが…今、若い子が日常的に親しめるメディアって例を出すとYouTubeかなって思うんですが、YouTubeは《これを観たい》って検索する事がほとんどだと思うんですけど、ラジオって、その番組でどんな話や曲が流れるかリスナーは知らないで聴くわけで、聴いて偶然に《あ、そんな考え方もあるんだ》とか《え、この曲すごい素敵!》っていうように、偶然の出会いが詰まっているメディアだと思っているので、そういう素晴らしさに気づいてもらえたらいいなぁって思います。radikoだとタイムフリーもあるし、プラットフォームとしてはYouTubeと変わらない環境も整ってきたと思うので、ラジオでしか出会えない偶然の発見を是非楽しんでもらえたらと思います。

美有:いやぁ素敵なメッセージ!今日は私もホントたくさん勉強になりました。ありがとうございました。

清佳:こちらこそありがとうございました。



清佳さんがディレクターを務める人気番組はこちら↓↓

《山下達郎の サンデー・ソングブック》
◆放送日時 
毎週日曜日14:00~14:55 


◆放送エリア 
TOKYO FMをはじめとするJFN全国38局フルネット


◆番組内容
2017年10月で、
1992年10月3日の放送開始から25周年を迎える人気長寿番組。
“エバーグリーンなオールディーズ・ソングから、超絶カルトなレア音源まで”最高の選曲と最高の音質でお届けしている55分プログラム。「音の職人」とも称される山下達郎が、放送時の音質にこだわり、自宅で所有のレコードをラジオに適した音質に調整し直したものを放送しています。

WEBサイト
www.tfm.co.jp


 


【Beauty Liaison & JOGIN編集部】





JOGIN Beauty Liaison記事をもっと読む! 


JOGIN Beauty chの記事をもっと読む!