【Pickup!】
【ラジ女子】企画第3弾が
キャンパスクイーンとコラボ!
パーソナリティスペシャル
Vol.1


2016年11月


南 美布


radiko.jpを愛用する【ラジ女子】
その第3弾は、大学ミスコンのメンバーで活動する《キャンパスクイーン》とコラボです。

具体的にはキャンパスクイーンの中で、ラジオのアシスタントやWEB TV等で積極的にメディア出演している、〈放送部〉メンバーが、レポーターとして登場。実際にラジオに関わるお仕事をされている女性や、ラジオコンテンツが好きでたまらない!という学生、OL、ママさん等を《ラジ女子》としてご紹介します。




【ラジ女子】× キャンパスクイーン 放送部
コラボ企画の今回は、キャンパスクイーン 放送部 美有(みゆ)さんのインタビューによる、パーソナリティスペシャルVol.1として、DJの南 美布さんが登場!



名前:南 美布
出身地:大阪府


DJになったきっかけは、兄が音楽やってたという事と、NYに暮らしていたという事もあり、小さい頃から音楽ステーションには慣れ親しんできたんです。19歳の時、渋谷でアルバイトしていた時に、誰かがJ-WAVEが開局します!ってオシャレなグラフィックのチラシを配っていたのをもらったんです。それでJ-WAVE聴いてみたらバイリンガルの方が喋っていて、もしかしたら私にもイケるかも?って思ったのが最初ですね。楽しそうだしラジオDJやってみたいんだよね〜なんて事を女の子の友達に話していたら、たまたまその友達のお父さんが新聞記事のスクラップをしている方で、彼女が「FM Yokohama DJコンテスト」の記事があるのを見かけて、持ってきてくれたんです。せっかく情報をいただいたので、そこからカセットでデモテープを作りエントリーして、この世界に入ったんです。自分で言うのも変ですけど、やってみたいって事だけで何の経験もないのにチャレンジ出来ちゃう若いパワーって凄いですよね(笑)
現在は、InterFMで毎週土曜朝8:30〜オンエアされている〈 i Heart Hawai 〉という番組でパーソナリティをしています。  


そしてインタビューをするのは、キャンパスクイーン 放送部 の美有(みゆ)さん




名前:美有
出身地:岡山県


帝京大学 2014 準グランプリをいただいて
キャンパスクイーンで活動をしています。
岡山出身なので、よく両親の車でRSK山陽放送を聴いてました。


東京に来てからは地元の放送が聴けないって寂しいなって思ってきたんですけど、radikoプレミアムに入れば山陽放送を聴けるよって教えてもらったんで、「えっ!やった〜!」って喜びました。
今、私達キャンパスクイーンで放送部ってカテゴリーがあって、そのメンバーでアシスタントとして出演している〈What's JOGIN〉FM FUJI 毎週土曜15:00〜も全国から聴いてもらえちゃうんですもんね!早速、地元の両親や友達にも、radikoプレミアムを教えました。




そして、南 美布さんへのインタビューがスタート!

美有:私、ゴシップガールとか大好きで海外ドラマにハマってるんですけど、美布さんAXNでナビゲーターもされてたじゃないですか。オススメのドラマってありますか?


美布:たくさんあってどれをオススメしようかな...
〈SUITS スーツ〉とか知ってる?敏腕弁護士の話。身につけているものがすごくオシャレ。ネタばれしちゃうからストーリーは見てのお楽しみなんだけど、すごく面白いよ。それからクライムものでオススメなのが〈HOMELAND〉。CIAものですごい勉強になるんだけどラブストーリーも入ってたりしてね。美有ちゃん世代でも楽しめるんじゃないかな。
リアリティー番組だと、〈プロジェクト・ランウエイ〉って知ってる?新シーズンが始まるんだけど、スーパーモデルのハイジ・クルムがホスト役の番組。ファッションデザイナー志望の何人かが競い合うっていうリアルな感じがドキドキしてたまらないよ(笑)


収録スタジオで和やかに話す美布さんと美有ちゃん

美有:美布さんからみて私達の世代ってどんな風にみえるんですか

美布
:私も、若い時には遊びながら仕事してる感じがあったからどんどん楽しんで(笑)でも今の時代はSNSとかでがんがん発信出来るからすごいなぁって思う。反面、SNSでも限度ってものがよくわからない時代になってきて、すごい事を書き込む人もいるじゃない?言いたい事が言えるって、視点を変えるとどうなのかなって思う所もあるよね。直接言うのは言葉の温度感も一緒に伝わるからいいんだけど、書き込むと言葉の温度感がないからね...



美有:SNSとラジオで伝える事での違いって意識されてるんですか

美布:SNSって中間を認めない感覚があるのかも..って感じるかな。結論を求めるっているか。ラジオっていうメディアの良い所はファジーな所があるって事かも知れない。音楽かけるっていう要素があるからかも知れないね。トーンとムードで伝えられるというか(笑)ラジオの面白さってそのファジーな感じなんだよね。



美有:初めてJ-WAVEで生放送を担当された時、プレッシャーってありませんでしたか

美布:いや〜緊張したね〜(笑)生ってその日、何が起こるかわからないという独特の緊張感があるからね。オンエア中に、突然スーパースターが亡くなりましたってニュースが飛び込んでくるとか。そうそう、マイケルが亡くなったニュースもオンエアがある日、局に着いて知ったし。さぁ、どう伝えよう...って、やっぱり生放送はピーンとはりつめる感覚あるよね。



美有
:今後、ラジオパーソナリティとしてどんな目標がありますか


美布:20代、30代と時代を経る事で話す内容、トーン、が自然と変わってきたと思うし、この先も、今の自分の世代なりのトークでやっていきたいなって思う。もちろん時代を重ねると好き嫌いもハッキリしてくるんだけど、興味を失ってはいけない仕事だと思うので、新しい事にもチャレンジしていきたいなって思う。19歳の時、この世界に飛び込んだ時のエネルギーを忘れちゃいけないなって事だよね(笑)

美有:わ〜素敵なコメントです!私もそのお話を聞いて、もっとエネルギー振りまかなきゃって思いました(笑)



美有:最後に今オンエア中のInterFM 〈 i Heart Hawai 〉について教えてください。

美布:Hawai Lover に送る情報番組なんですけど、日本人がハワイにいって楽しめるハワイの情報はもちろん、リアルハワイというか、音楽もハワイアンフラだけではなく、コンテンポラリーなもの、ヒップホップ等、現地の若者にウケているものをかけたりしています。オアフで〈Blue note Hawai〉が出来た事もあって、実はJAZZも流行ってるんですよ。美有ちゃんハワイは行った事ある?

美有:まだ行った事ないんです。行きたい!

美布:ワイキキとか日本語通じるところたくさんあるから是非行ってみるべき。ブランドショップはもちろんラーメン屋まである。いい天気の銀座って感じだよ(笑)
この番組やっているとほんと勉強になるんだけど、食もプレートランチとかってまさに日本のお弁当そのものだし。昔から日本人の移民の方がたくさんハワイにいるという背景もあると思うけど、そんな視点から食文化を考えてみると面白いよね。現地の方へのインタビューや、今時なんでスカイプで繋いで直接お聞きしたり...そんなハワイの旬の情報を発信してる番組です。是非、美有ちゃんも今度聴いてハワイの今を体感してみて!

美有:はい!土曜の朝、ハワイの空気で目覚める感覚っていいですよね!ぜったい聴きます!

美布さん、今回はありがとうございました。



Inter FM : i Heart Hawai
iHeart Hawaiiは、ハワイを愛するみなさんに旅する気分を味わっていただく番組。リアルなハワイの音楽と情報を、インタビューも交えながらサウンドコラージュしていきます。番組ではfacebookやtwitterとも連動中。現地の情報、写真や動画をキャッチアップしていきます♪こちらもあわせてチェックしてくださいね!


【Beauty Liaison & JOGIN編集部】





JOGIN Beauty Liaison記事をもっと読む! 


JOGIN Beauty chの記事をもっと読む!