クラゲになってストレス解消


2016年6月


パーソナルトレーナー
坂口昇司の
Work-In Exercise
- Vol.1 -



新番組「スマホ片手にすぐ実行!フィットネスのプロ集団・BRAFTが教えるカラダ磨き&ココロ磨き」の第3弾。担当してくれるのは、パーソナルトレーナーの坂口昇司(さかぐちしょうじ)さんです。

彼はカラダの専門家集団・BRAFTに所属し、格闘技エクササイズインストラクターやパーソナルトレーナーとして活動するかたわら、「高峰ショウ」という芸名でミュージシャンとしても多彩な才能を発揮。そして実際にお会いすると、なんとも穏やかなオーラが周囲をあたたかく包み込んでしまう、不思議な魅力にあふれた人なのです。


しかも、連載第一回目のテーマが「クラゲになる」!さて、どんなユニークなトレーニングができますことやら・・・




 皆さんはじめまして、パーソナルトレーナーの坂口昇司です。


BRAFTは格闘技エクササイズやボクササイズなど、アクティブなフィットネスプログラムを受け持つことが多いのですが、パーソナルトレーニングではピラティスなども積極的に取り入れています。そこで今回は「静的」なプログラムをご紹介します。


僕は水族館が好きで、休日や旅先などでよく訪れます。とくに、クラゲコーナーがお気に入り。クラゲが静かに水の中を漂っている姿を眺めているだけで、身もココロも癒されます。


そうしてボーっと時間を過ごしながらも、人間のカラダは絶えず呼吸をしています。健康的な生活を送るために、日々のパフォーマンスを良くするために、そして何より生きていくために呼吸をし続けます。すべての活動の基本が「呼吸」にあるのです。



呼吸するにあたり、とくに大切なのは「横隔膜をきちんと動かせているかどうか」ということ!


横隔膜というのは、胸腔と腹腔の境をつくる「筋肉」です。ドーム状の形をしていて、その姿はまさにクラゲのようです。横隔膜は息を吸うとき収縮し、腹腔側へと下がることで胸腔を広げます。ですから、横隔膜は呼吸と密接に関連している筋肉なのです。



ピラティスには「パワーハウス」という考え方があり、体幹(コア)の筋肉を家に例えて表現します。床が骨盤底筋、壁が腹横筋、柱が多裂筋、そして屋根が横隔膜になります。これらの筋肉をきちんと動かすことが大切で、それぞれのバランスが乱れると「家」は簡単に崩壊します。


ストレスにさらされることの多い現代人は、自然と呼吸が浅くなり、横隔膜が上手く動かせなくなる傾向にあります。呼吸が浅いと交感神経が優位になるため、カラダに緊張状態が続き、ココロもリラックスできなくなる、という悪循環に陥ります。


リラックスするための第一歩、それは深い呼吸をすること!つまり、「腹式呼吸」がカギとなります。腹式呼吸を正しく行うには、横隔膜の動きをイメージすることがポイントです。横隔膜を正しく動かして、カラダの「屋根」を整備していきましょう!




◆正しい腹式呼吸をマスターする!

1)床に座って、あぐらをかきます。座骨をしっかり床につけましょう。


2)みぞおち(おなかの上方中央にあるくぼんだ部位)の高さで両手を組みます。そして肩の力を抜いてリラックスします。


 3)態勢が整ったら、息を口からゆっくりと吐いていきます。完全に吐ききったら、今度は鼻からゆっくりと吸いはじめ、おなかを膨らませていきます。



4)適度におなかが膨らんだところで、口から息をゆっくりと吐きます。おなかは自然に元の形に戻ります。 



【ココがポイント!】


以上の呼吸の流れに、横隔膜の動きをイメージし、意識をリンクさせましょう。


息を吸うとき、横隔膜は下に下がり、息を吐くと横隔膜は元に戻ります。その横隔膜の動きを手で表現してみます。おなかの前で肋骨に沿わせるかたちで両手を組み、ドーム状の形にします。クラゲの頭の部分のイメージです。



鼻から息を吸いながら、ドーム状の両手を横に広げ平らにしていきます。


続いて、おなかの動きについてお見せします。鼻から息を吸いながら、おなかを膨らませていきます。


息を吐きながら、おなかを元のかたちに戻します。これが横隔膜の動きのイメージになります。


 ☆注意したいのは、おなかを膨らませるために腰を反ってしまったり、力を入れて肩をすくめたりしないこと!です。



横隔膜を動かす感覚は、クラゲが海の中で上下に漂っているようなイメージです。横隔膜をしっかりと動かし、正しい腹式呼吸をすると、副交感神経が優位になってカラダがリラックスしてきます。


たかが呼吸、されど呼吸。腹式呼吸は、ストレスにさらされているとき、自分で簡単にカラダやココロをリラックスさせることができる、とても手軽で即効性の必殺技なのです。


ちょっと疲れたなと感じたときは、水族館に行ってクラゲを眺めながら、深く呼吸をしておなかを動かしてみましょう。出るときにはきっと、身もココロもリフレッシュできていますよ! 


そして次回はパワーハウスの「床」、<骨盤底筋>をテーマにお送りします。お楽しみに!


 


坂口昇司(さかぐちしょうじ)

【プロフィール】
BRAFT所属。格闘技エクササイズインストラクター兼パーソナルトレーナーとして活動。お客様の動きの一つひとつを分析して修正していく「動きのトレーニング」で、ココロとカラダを協調(ハーモニー)させスッキリしていただくことがモットー。また、「高峰ショウ」というアーティスト名でピアノ弾き語りアーティストとしても活動中。


◆高峰ショウ facebookページ
https://www.facebook.com/Showtakamineofficialweb/


【保有資格】
R-BodyアカデミーR-Conditioningコース修了/R-BodyアカデミーS・O・A・Pコース修了/BESJピラティスインストラクター/全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会認定パーソナルフィットネストレーナー(NESTA-PFT)/ARL(Anatomy for Real Life)プライマリー修了/BRAFT公認インストラクター/BRAFT公認パーソナルトレーナー 




JOGIN BRAFTの記事をもっと読む! 

http://www.jogin.jp/categories/view/276 

◆プロフィットネスインストラクター&アスリートモデル集団
《BRAFT》公式サイトはコチラから

http://www.braft.net


BRAFTへのご意見/ご要望/お問合せはコチラ


電話:03-3713-8285


公式facebookページはコチラ
公式twitterはコチラ
公式YouTube chはコチラ



【JOGIN編集部】




JOGIN BRAFTの記事をもっと読む! 


JOGIN Topics chの記事をもっと読む!