キリング / 26日間
アフレコ現場取材


2014年4月


ついにリリースされた、
迫力の海外人気ドラマ作品
アフレコ現場取材。

 


この取材はFM FUJI×JOGINでのFM番組【What's JOGIN】にゲストプレゼンターとしてお招きした、株式会社東京エンターテイメント20世紀フォックス ホームエンターテイメントジャパン担当、増渕 麻理子さんのプレゼンを受けての取材である。

増渕さんのゲストプレゼンター登場の
オンエア記事は
こちらで見れます。

増渕さんのプレゼン内容の番組音声は
こちらで聴けます




話題の海外ドラマ人気作品、
【キリング / 26日間】が4/2ついにDVD発売&レンタル開始された。

この作品は1話で1日を描くサスペンスドラマ。《誰が17歳の少女を殺したか》を追う犯罪捜査ドラマだ。
複雑な人間関係が浮き彫りにされ捜査は混迷を極める。
予想を覆される展開に病みつきになる事必至の26話だ。


JOGINでは、FM FUJIにて毎週土曜、16:00〜オンエアされているJOGIN連動FM番組、《What's JOGIN》にゲストプレゼンターとしてお招きした株式会社 東京エンターテイメント 20世紀フォックス ホームエンターテイメントジャパン担当、増渕 麻理子さんのプレゼンを受ける形で、この作品が創られている過程の制作現場(アフレコ)に伺い取材を行った。今回はその模様をお届けする。




アフレコの現場に来て取材してください!というのが増渕さんのプレゼン内容。
本来、張りつめた緊張の中で行われるレコーディングの現場に入れるのはまたとない機会という事で、
JOGIN編集長の小島裕樹とStationGirl 福山エリナがスタジオ内に入った。








そして、レコーディングブースに陣取る声優陣。



いざ本番がスタートすると圧巻の光景が...
なんと登場人物役の殆どの声優さんがスタジオの周囲に座り、映像を見ながら自分の出番近くになると、複数立てられたマイクの前に静かに向かい、自分のシーンが終わるや否や、次の声優さんに入れ替わるというプロの技が目の前で繰り広げられた。







レコーディング終了後、
この作品の主役であるサラ役の林 真里花さん、そしてホールダー役の小松 史法さんに話を伺った。
先ほどまでの緊張したプロの顔から一転。
和やかな表情で迎えて頂いた。


大人気の海外ドラマの主役という事で、目に見えない苦労も多いのでは?

好きな事を仕事に出来る喜びがあるから、苦労という風に思う事はほとんどないですね(林さん)

僕が声優を始めた時にはすでに林さんは声優界では大スターでしたから(笑)
林さんとこうして肩を並べられる事で幸せですよ(小松さん)



左:小松さん    右:林さん


今回の取材では、声のプロフェッショナルの圧巻の制作現場をリアルに体感。
こうして完成、リリースされた【キリング / 26日間】は、全米を震憾させた超本格サスペンスだ。

この春、【キリング / 26日間】を観て、
予想を裏切られるどんでん返しの連続に驚き、
深い霧の中に彷徨ってみるのも悪くないかも!


【キリング / 26日間】
公式WEBは こちらから


【JOGIN編集部】




FM FUJI × JOGINの記事をもっと読む! 

JOGIN Entame chの記事をもっと読む!